Visualization of Air Conditioner

Visualization of Air Conditioner

2017
Custom Fluid Dynamics Software

2016
Custom Fluid Dynamics Software

This software was developed by the joint research project of Keio University SFC Wakita Laboratory and Daikin Design. The aim of this project is to visualize indoor airflow from art and science perspective. The intention is for users to reinterpret the recognition of air conditioner.

このソフトウェアは慶應義塾大学SFC脇田研究室とダイキンデザインの共同研究から生まれました。プロジェクトの目的は、アートとサイエンスの視点から、室内の風の流れを美しく可視化し、エアコンへの再解釈を引き出すことです。


CONCEPT DETAIL

CONCEPT DETAIL

This software was developed by the joint research project of Keio University SFC Wakita Laboratory and Daikin Design. The aim of this project is to visualize indoor airflow from art and science perspective. The intention is for users to reinterpret the recognition of air conditioner. Air conditioner is an equipment used to sustain comfortable living spaces by adjusting the air. Nevertheless it is not easy to control the airflow invisible to human eyes. We could control the direction of air vent and the air strength by remote controls, but wouldn't be able to understand the air flow itself in details. In this project, we challenged to visualize the beauty of indoor air flow. We can visualize various factors in three dimensions such as the direction and the strength of air, the position and the size of obstacles, the spread of moisture, and the temperature change. We could understand the difference of airflow by moving and changing the obstacles. We could also find the most comfortable spot in the space by overlooking perspective. By visually grasping the state of air, air conditioner as a product will enter a new paradigm. It is an evolution from an equipment adjusting the air (conditioner) into an equipment assembling the air (composer). Please imagine the future where we could construct the airflow within the space in the same sense as deciding your floor plan. The new binding of art and science established in this project will renew our understanding of the world. You will witness a superb view hidden in your room through the air conditioner simulation and visualization.

このソフトウェアは慶應義塾大学SFC脇田研究室とダイキンデザインの共同研究から生まれました。プロジェクトの目的は、アートとサイエンスの視点から、室内の風の流れを美しく可視化し、エアコンへの再解釈を引き出すことです。 エアコンは、室内の空気を調整し、住空間を快適化する装置です。しかし、肉眼で捉えられない空気の流れをコントロールすることは容易ではありません。我々はリモコンを通して送風口の向きと強さを調整しますが、そこから生成される空気の流れを詳細に知ることはできません。 このプロジェクトでは室内の空気の流れを美しく可視化することにチャレンジしました。風の向き、強さ、障害物の位置や大きさ、アロマが行き渡る様子、室内温の変化など、様々な要素を3次元で可視化することができます。障害物の位置と形を変えることで、家具を移動させた際の風の変化を把握できます。視点をフライスルーさせることで、室内のもっとも快適な場所を見つけることもできます。 風の生態系を視覚的に把握することで、エアコンというプロダクトは新しいパラダイムに突入することでしょう。それは、空気を調整する装置(Conditioner)から、風を組み立てる装置(Composer)への進化です。室内の間取りを決めるのと同じ感覚で、室内の風の構図を組み立てることができる未来を想像してみてください。 本プロジェクトで実現したアートとサイエンスの新しい結合は、私たちの世界の認識を新たにします。エアコンのシミュレーションとビジュアライゼーションから、あなたは部屋の中の隠された絶景を発見することになるでしょう。

CREDIT

CREDIT

Keio Univeristy SFC (Futa Kera, Masaki Yamabe, Akira Wakita)
Technology and Innovation Center, Daikin Industries, Ltd.

慶應義塾大学SFC脇田玲研究室(計良風太, 山辺真幸, 脇田玲)
ダイキン工業 テクノロジー・イノベーションセンター