Ocean Current Visualization

海洋大循環シミュレーション

2016
Augmented Reality Visualization

2016
Augmented Reality Visualization

We have developed Ocean Current Visualization for the Geo-Prism system of Mirakan. Geo-prism is the new augmented reality system for Geo-Cosmos which is the symbol exhibit of Miraikan, produces high precision images on its sphere surface. Geo-Prism, developed by Rhizomatiks, is a framework to which new contents can be embedded. Keio SFC Wakita Lab has developed a super high resolution visualization of ocean behavior by using a set of simulation data that is calculated by JAMSTEC with their super computer, Earth Simulator.

脇田研究室は日本科学未来館のジオ・プリズムに流体ビジュアライゼーションを提供しました。 ジオ・プリズムは、AR(拡張現実感)技術を用いて、全球型ディスプレイ「ジオ・コスモス」にデータやシミュレーションを重ねて表示できるシステムです。 このビジュアライゼーションでは、海洋研究開発機構(JAMSTEC)のスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」によって計算された超高解像度海洋大循環モデルOFESのデータを使い、地球上の波の動きを3つの詳細度で可視化しています。


EXHIBITION

展示

Miraikan, Geo-Prism, permanent exhibition, from March 2016, Tokyo.

日本科学未来館, Geo-Prism, 常設展示, 2016年3月〜.

CREDIT

クレジット

Visualization: Keio University SFC, Akira Wakita Laboratory
Data provided by: Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC)
Geo-Prism System Development: Rhizomatiks Research

ビジュアライゼーション開発:慶応大学脇田研究室(山辺真幸、中野亜希人、脇田玲)
データ提供:海洋研究開発機構(JAMSTEC)
ジオ・プリズム システム開発:ライゾマティクスリサーチ