FURNISHED FLUID

FURNISHED FLUID

2014 - 2016
Realtime Visual Installation
Custom Fluid Dynamics Software

2014 - 2016
Realtime Visual Installation
Custom Fluid Dynamics Software

Furnished Fluid is visualization that utilizes the air flow that we are practically unaware of in our daily lives. By applying fluid simulation technology — with seemingly no relation to daily life — to the objects overflowing in our surroundings, the complex and elaborate air flow and ecosystem that are invisible to the naked eye but present all around us are made apparent.

Furnished Fluid(家具付けられた流体)は、私たちが日常生活ではほとんど意識することのない空気の流れに着目したヴィジュアライゼーションです。日常とは無縁に思える流体シミュレーションというテクノロジーを、ありふれた日常的な人工物に適用することで、目の前にありながらも肉眼では決して見ることができない複雑で精妙な流れの生態系を露わにします。


CONCEPT DETAIL

CONCEPT DETAIL

Furnished Fluid is visualization that utilizes the air flow that we are practically unaware of in our daily lives. By applying fluid simulation technology — with seemingly no relation to daily life — to the objects overflowing in our surroundings, the complex and elaborate air flow and ecosystem that are invisible to the naked eye but present all around us are made apparent.

As a symbol of 20th century industrial design, miniatures of chairs are placed in front of three displays. W. W. Stool (1990) by Philippe Starck, Robie House 1 (1908) by Frank Lloyd Wright, and the Big Easy (1991) by Ron Arad were selected in tribute to these great designers, as the works are unrivaled and magnificent in beauty.

Form data for the chairs were input initially into fluid dynamics software that was developed independently; it calculates the density and velocity of virtual space in real time at a speed of 45 frames per second. Then, it dynamically renders particles’ movements and colors. In the fluid simulation, it focused on the characteristic parts of the three chairs and calculated the behavior of the surrounding fluids on a two-dimensional scale. This process resembles the CT scanning of internal parts of the human body that are invisible to the naked eye. The aim is to slice the complex and turbulent forms surrounding the chairs flatly so that they can be understood intuitively.

We offer two visualization modes. Air mode describes the air flow surrounding the furniture by displaying fine particles against a white background. To derive various interpretations regarding furniture design, values for fluid viscosity and time steps vary. Stellar mode expresses the microcosm of the current that the chairs generate by utilizing particles that radiate a blue light against a black background. In both modes, the particles are colored according to their velocity and the density of the field; they vividly illustrate the ecosystem of the current pattern.

This installation, which integrates design miniatures and real-time images, enables us to use the power of science to make visible the appealing and valuable aspects of industrial design that have been invisible up to the present time. As the beholder observes the constantly changing image of fluids, he/she begins to catch the details of a chair that have always existed but which could not be perceived by the senses. At the same time, the beholder perceives the vivid features of the chair’s form, such as its curve, lattice work, and surface, which are also communicated with vibrancy in the current’s pattern within the surrounding space. This work is an attempt to search for common ground from the aspects of physicality and sculptured forms in industrial design and the computerized, data-driven sculptures.

Furnished Fluidは、私たちが日常生活ではほとんど意識することのない空気の流れに着目したヴィジュアライゼーションです。日常とは無縁に思える流体シミュレーションというテクノロジーを、ありふれた日常的な人工物に適用することで、目の前にありながらも肉眼では決して見ることができない複雑で精妙な流れの生態系を露わにします。

3つのディスプレイの前には、20世紀工業デザインの象徴として、椅子のミニチュアが配置されています。偉大なデザイナーへのオマージュとして、そしてその比類なき造形的な美しさから、フィリップ・スタルクのW.W. Stool(1990)、フランク・ロイド・ライトのRobie House 1(1908)、ロン・アラッドのBig Easy(1991)が選択されました。

本作品のコンセプトは、「20世紀工業デザインへのコンピュテーションによる再解釈」を試みることにあります。 一般に、工業デザインは造形美、質感、大量生産性などによりその魅力が評価されます。 一方、プロダクトの形状を流体シミュレーションにかけることで、椅子は単に座るための装置ではなく、室内の空気の流れを調律するメディアとして機能していることが明らかになりました。美しい椅子は美しい空気の流れを作り出しているのでしょうか。 そこから生み出される渦や乱流は我々の精神活動にどのような影響を与えているのでしょうか。 科学との接点を通して工業デザインの新しい価値と魅力を発見できるかもしれません。

これらの椅子の形状データは独自開発した流体力学ソフトウェアに入力され、毎秒45フレームで仮想空間の密度と速度をリアルタイムに計算し、パーティクルの動きと色彩をダイナミックにレンダリングします。流体シミュレーションにおいては、3つの椅子の特徴的な部位にフォーカスし、その周囲の流体の振る舞いを二次元平面上で計算しています。これは、肉眼では捉えられない人体内部の形状をCTで断層撮影するのに近いイメージであり、椅子の周りの複雑な乱流形状を平面で切り取り直感的に捉えようとしたものです。

ビジュアライゼーションには2つのモードが用意されています。Airモードは、白い背景に細やかなパーティクルを表示することで、家具の周りの空気の流れを表現しています。椅子が作り出す流れや淀み、そして家具のフォルムへの多様な解釈を引き出すために、流体の粘性とタイムステップは多様な値に変化します。Stellarモードは、黒い背景に青く発光するパーティクルを用いることで、椅子が作り出す流れの小宇宙を表現しています。両方のモードにおいて、パーティクルは場の速度と密度に応じて彩色され、流れのパターンの生態系を生き生きと映し出します。

デザイン模型とリアルタイム映像を一体化したこのインスタレーションは、20世紀工業デザインの価値と魅力を、科学の力を用いて再解釈する新しい方法論の提案でもあります。流体の映像に身を任せるうちに、鑑賞者の目は、まえから存在していたのであろうが、感覚が捉えきれなかった椅子の細部を拾い始めます。同時に、curve, lattice, surface といった造形的な特徴は、周囲の空間の流れのパターンにも鮮明に伝えられていることに気付くのです。

CREDIT

CREDIT

Artist : AKIRA WAKITA
Excerpt Movie Direction : KOHEI TSUJI
Documentary Direction: TAKAHIRO NIIBE

Commissioned by AnyTokyo 2014 with the support of Sony and Vitra & Artek.

アーティスト : 脇田玲

ショートムービー:辻航平
ドキュメンタリー:新部貴弘

ディスプレイ協力 : Sony
ミニチュアチェア協力 : Vitra & Artek

EXHIBITION / SCREENING

展示 / スクリーニング

- Moths, Crabs, Fluids, 22 Oct. - 30 Nov. 2016. Griffin Art Space, Warsaw,
- Best of Art and Science, European Forum Alpbach, 25 Aug. 2016, Alpbach. (PDF)
- Eco Expanded City, 13 May - 3 July 2016, WRO Art Center, Wrocław.
- Technarte, 19 - 20 May 2016, Bizkaia Aretoa, Bilbao.
- SIGGRAPH Asia 2015, Art Gallery, 3-5 Nov. 2015, Kobe Convention Center, Kobe.
- Elements of Art and Science, 3 Sep - 31 Dec. 2015, Ars Electronica Center, Linz.
- Ars Electronica Animation Festival, 3-7 Sep. 2015, Central, Linz.
- AnyTokyo 2014, 25 Oct. - 3 Nov. 2014, Zojoji, Tokyo.

- Moths, crabs, fluids, Griffin Art Space, ワルシャワ, 2016/10/22 - 11/30.
- Best of Art and Science, European Forum Alpbach, アルプバッハ, 2016/8/25. (PDF)
- Eco Expanded City 展, WRO Art Center, ブロツワフ, 2016/5/13〜7/3.
- Technarte, Bizkaia Aretoa, ビルバオ, 2016/5/19〜20.
- SIGGRAPH Asia 2015, Art Gallery, 神戸国際展示場, 2015/11/3〜5.
- Elements of Art and Science 展, Ars Electronica Center, リンツ, 2015/9/3〜12/31
- Ars Electronica Animation Festival, Central, リンツ, 2015/9/3〜7.
- AnyTokyo 2014, 増上寺, 2014/10/25〜11/3.