Design Language 2.0

デザイン言語2.0

2006
AKira Wakita
Keio University Press
Written in Japanese
Publisher's Site

2006
脇田 玲(著)
慶應義塾大学出版会
Publisher's Site



「デザイン言語2.0 - インタラクションの思考法」

慶應義塾大学SFCに赴任し最初の仕事となったオムニバスのデザイン入門講義の書籍版。 いろいろな分野の方に無理をお願いしてご登壇いただいたのが今となってはいい思い出です。 インタラクションという言葉は社会に普及して一般化しましたが、その言葉からは本来の概念が抱いていた広範な可能性はこぼれ落ち、即物的な仕組みを指すことが多くなったように感じます。 分野を横断する論考は今だから読む価値があるように感じます。